2018/11/15

会社など給与の支払者は、役員又は使用人に対して給与を支払う際に所得税及び復興特別所得税の源泉徴収を行っています。しかし、その年1年間に給与から源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額は、必ずしもその人が1年間に納めるべき税額とはなりません。


このため、1年間に源泉徴収をした所得税及び復興特別所得税の合計額と1年間に納めるべき所得税及び復興特別所得税額を一致させる必要があります。この手続を年末調整といいます。国税庁にて年末調整がよくわかるページが開設されましたので、是非ご参照ください。


【詳細は下記の内容を参照してください】

https://www.nta.go.jp/users/gensen/nencho/index.htm